仮想通貨投資は産業投資である

この記事は2分で読めます

2017年12月20日より
高級車販売のリベラーラが
1億円までビットコイン決済をOKにする
という発表をしました。

 

ビットコインでフェラーリが買えるようになったのです。

 

モノやサービスと交換するのが
通貨の価値なので、ようやく
通貨としての存在が認められつつありますね。

 

で、今現状で仮想通貨に取り組んでいる方は
儲けるために取り組んでいると思いますが、

仮想通貨はトレードとしてやるのではなく
産業として投資をするのがベストです。

 

円から仮想通貨にしたならば
儲かった通貨を円に戻すのではなく
永久に仮想通貨を持っておくぐらいの勢いで
投資をするのが最も効率が良いです。

 

なぜなら、税金が高すぎるから。

 

現段階では、仮想通貨で稼いだ場合の
税金が鬼のように高いということです。

 

仮想通貨の場合は累進課税なので
4000万円以上の稼ぎは
45%が税金として徴収されてしまいます。

 

しかももっと怖いのは
損失の繰り越しができないという点です。

 

損失が繰り越せないと言うことは
損しても税金の免除がなく
儲かった分から容赦なく税金が45%取られます。

 

この状態だと税金を払うために
トレードしているようなものです。

 

仮想通貨に今から取り組む人ならば
4000万円なんてあっという間に超えますので
「儲かって円に変える」のは
やめておいた方が良いでしょう。

 

昔、FXの税率が累進課税45%から
20%に引き下げられたように
いずれ仮想通貨も法律で金融商品と
認められるようになります。

 

と、可能性と問題が入り混じった
仮想通貨業界ですが
1つの産業として見ると
発展しないわけがないのです。

・時価総額
・国、企業の参入具合
・コインの機能

など、世の中に浸透しないと考える方が難しく
いずれ世界中の人々が使うようになります。

 

最近だとガクトが仮想通貨の事業に本格的に取り組んだと
いう記事をブログにアップしました。

影響力のある人が発信することで
仮想通貨が世に浸透していっています。

 

そして浸透するときは一瞬です。
現状、最も損をするトップ3は

1、やっていない人
2、細かく円に変えている人です。
3、いろんな仮想通貨に手を出す人

 

事業投資なので、いずれ世間一般の方が使う
便利な通貨をずっとホールドでいいわけです。

 

価値が上がって、サービスと交換できるようになったら
ビットコインから決済すればいいのです。

 

円に戻すよりも他の仮想通貨に変えたり
ずっとホールドし続けることで
今からでも莫大な資産を形成できます。

 

目安は3年以内ですね。
3年以内にさらに多くの億万長者が
続出すると踏んでいます。

 

今、100万円を投資する方は
1億円以上の資産を手にする人たちなので
やらずに後悔することだけは避けましょう。

 

人類至上、最も簡単に
億万長者になれる時代が今です。

 

ICO情報など、最新の情報はこちらから

登録はこちら

 

それでは、また次回お会いしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用結果(随時更新)

元本回収した投資一覧

・FXの運用 成績 
2020年3月1日スタート 元本300万円
2020年4月15日 +90万円
2020年5月15日 +90万円
2020年6月15日 +75万円(300万円を増資)
2020年7月15日 +75万円
2020年8月25日 +150万円
2020年9月25日 +150万円(400万円を増資)

現在の運用資金1000万円

登録しておくと良いことがあるかも

詳しいことはLINE@で聞いてください