月利50%の印税投資

この記事は2分で読めます

さて、今月頭に仕込んだ株が現在このような結果です。

 

株式投資のパワーはすごいです。

もう一つの口座は含み益+1600万円になってるので
あと2回うまくいけば、
1トレードで1億円の利益になります。

 

今年1年は仮想通貨で盛り上がっておき
来年以降は株式投資に切り替えると
さらに資産が倍増するかもしれません。

 

私にオーブスを教えてくれた知人は
オーブスに8000万円を投資しまして
増えたお金で来年
株式投資に突っ込むので
教えて欲しいと言われました。

 

仮想通貨は盛り上がってあと1年〜2年。

 

それ以降は株式投資の複利で倍々増やしていくのが
最も億万長者になりやすいですね。

 

 

で、以前からお伝えした印税投資。

試しにやってみたのですが、
1月末から初めて初日から利益が出て
2月14日現在、このような結果になりました。

 

これ、何かと言うと
Kindleの電子書籍です。

電子書籍を書いて、kindleに出版するだけ。

 

しかも、タイトルから表紙まで全てゴーストライティングで
自分でやることは本1冊につき、5分間の出版作業のみになります。

 

出版した次の日から利益が発生し
今月に至っては14日間で75000円。

 

30日間で15万円の利益ペースです。
(1冊の平均売上は月に3000〜7000円)

 

私がやったときは投資額が30万円だったので
月利50%が出る計算になります。
(今はライターの確保の関係で値上がりしたので
そこまで安くはできないようです)

 

もっとすごいのは、単発の利益ではなく、
印税なので半永久的に利益が入り続けることです。

 

しかも投資と違って印税。

 

マイナスになることがなく、
増え続けるのみなので、安定収入になるんですよね。

 

まさかここまで結果が出るとは思ってなかったので
30万円しか投資しませんでしたが
来月、プラス70万円を追加投資しようと思ってます。

 

この方法はマジですごい。

 

デメリットとしては、結果を見てもらうとわかりますが
「売れる本と売れない本が半々ぐらいになる」
ということです。

 

なので、最低10冊は出さないと安定して利益を回収するのが
難しく、運任せになってしまうということですね。

 

5冊も出せば2冊〜3冊は当たるはずなので
それぐらいでも良いでしょう。

 

投資をやってると一撃は大きいですが
安定収入にはなりづらいので
不労所得に憧れる人はもってこいですね。

 

月末まで様子を見て
3月中には案内しようかと思ってますので
興味がある方はこちらから登録をしておいてくださいね。

 

3月頭〜中旬ぐらいには案内できると思います。

 

印税投資
https://bit.ly/2s7dcY0

あと、もしよければLINEで

・参加費いくらだったらやりたいか?
・1冊いくらだったら欲しいか?
・何か聞きたいこと

を送ってもらえればと思います。

 

答えてくれた方には
人数があふれた場合
優先的に案内させていただきます。

 

それでは、またお会いしましょう。

 

LINE@で友達登録はこちら
https://line.me/R/ti/p/%40pqp0650y

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運用結果(随時更新)

元本回収した投資一覧

・FXの運用 成績 
2020年3月1日スタート 元本300万円
2020年4月15日 +90万円
2020年5月15日 +90万円
2020年6月15日 +75万円(300万円を増資)
2020年7月15日 +75万円
2020年8月25日 +150万円
2020年9月25日 +150万円(400万円を増資)

現在の運用資金1000万円

登録しておくと良いことがあるかも

詳しいことはLINE@で聞いてください